外国人(がいこくじん)ママさん達(たち)の「おしゃべりサロン」参加(さんか)しませんか?
お知らせ · 2021/01/19
2月(がつ) 9日(にち) 午前(ごぜん) 10時(じ) から、外国人(がいこくじん) ママさん たち の 「おしゃべりサロン」 を オンラインで 開催(かいさい)します。 困(こま)っている 事(こと) や 相談(そうだん) したいこと は ありませんか? みんなで お話(はな)ししましょう! 

日本語教室(昼)(にほんごきょうしつ  ひる)は、新年恒例(しんねんこうれい)の書初(かきぞ)めから!
日本語教室(にほんごきょうしつ)(昼)(ひる)では、1月(がつ)8日(にち)の2021年(ねん)の最初(さいしょ)の授業(じゅぎょう)で書初(かきぞ)めを行(おこな)いました。10名(めい)の学習者(がくしゅうしゃ)の方々(かたがた)が参加(さんか)し、思(おも)い思(おも)いの字(じ)を書(か)いて楽(たの)しみました。

スキルUPを目指し、通訳&翻訳研修を開催
12/19(土)、ひかりプラザで通訳・翻訳研修を開催しました。前半は東京外国語大学の内藤稔先生を迎えて「ニーズ高まるコミュニティ通訳入門」を、後半は「市報翻訳にあたっての情報共有と留意点」をテーマにした翻訳研修を行いました。熱心に取り組まれていた参加者の皆さんの今後の活躍が期待されます。

11月(がつ)29日(にち)日曜日(にちようび)、日本語(にほんご)教室(きょうしつ)学習者(がくしゅうしゃ)6名(めい)によるオンライン・スピーチ大会が行(おこな)われました。今年(ことし)は新型(しんがた)コロナウィルスのため、国際交流(こくさいこうりゅう)フェスタが開催(かいさい)できず、スピーチ大会(たいかい)のみオンラインで開催(かいさい)。海外(かいがい)からの参加者(さんかしゃ)もおり、大変(たいへん)興味(きょうみ)深(ぶか)いスピーチでした。ぜひ見(み)てください!

かけはし · 2020/11/27
日本語教室(にほんごきょうしつ)(夜)(よる)広報紙(こうほうし)の「かけはし」を発行(はっこう)しました。ぜひご覧(らん)ください。特集(とくしゅう)は、「コロナ禍(か)にあって」。

お知らせ · 2020/11/27
 2/20(土)~3/13(土)「日本語支援ボランティア講座」(オンライン研修)を全4回で開催します。  生活するために必要な日本語を、日本に住む外国人に教える活動を、ボランティアとして始めませんか? 要申込み。申込締め切りは1/29(金)です。

11月(がつ)17日(にち)10時(じ)から、Zoomを使(つか)ったオンライン形式(けいしき)で、ママさん達(たち)の「おしゃべりサロン」が開催(かいさい)されました。参加者(さんかしゃ)は10名(めい)。子育てママ6名(めい)と、「自己紹介(じこしょうかい)」「コロナ禍(か)で困(こま)っている事(こと)」「コロナ禍(か)での生活(せいかつ)で工夫(くふう)をしている事(こと)」の3つのカテゴリーで話(はな)し合(あ)いを進(すす)めました。

お知らせ · 2020/11/13
中上級者向け「実践的な表現力アップ」が出来るユニークな講座で、リアルな英語を学びませんか? 2021年2月開講。申込締め切りは2021年1月20日(水)。

第95回「国際理解講座」2020年9月19日。テーマ『西アフリカ マリ共和国農村住民の自立=農村女性のゼロからの出発』 講演者は「カラ=西アフリカ農村自立協力会」代表の村上一枝さん。マリの農村住民が自立できるように、30年間にわたっ て精力的に活動された支援事業の内容と、支援により住民たちが自立した生活ができるように至った様子をお話されました。

◆「地球家族115号」(2020年春発行) 【内容】『市報』の記事を外国人向けに「やさしい日本語」「英語」「中国語で」/日本語教室(夜)オンライン学習も実施/日本語教室(昼)オンライン授業で再開/「親子サロン」Zoomミーティング/サポーター養成講座開催/英会話教室「夏季講座2020」 

さらに表示する