【語学教室レポート】ニュースで学ぶリアルな英会話

 事務局では、語学教室紹介の第2弾として新規受講生を募集中の「ニュースで学ぶリアルな英会話」に先日お邪魔してきました。同講座は中上級者向けの英会話クラスで「チョット手強いがためになる実践的英語講座」として、2018年のスタート以来好評を博しています。

 

 講師は、アメリカ・シカゴ出身の法政大学名誉教授ジェフ・ハベルさん。講座では米国CNNのニュースを教材に学ぶほか、ネイティブにはおなじみでも、日本人にはなじみの薄い慣用句を紹介。さらに講座後半では、あらかじめ決められたテーマについて各自英語で発表を行い、英会話力を磨き上げていきます。

 

 今回取り上げられた慣用句の一つは、"to keep track of someone/something"(から目を離さない、動向を追う)。ジェフ先生が日ごろお子さんと連絡が取れずに困り果て、"to keep track of my son"(息子さんの動向を追う)ため、携帯電話を持たせたことなど、微笑ましいエピソードを交えながら、この慣用句を説明。リアルな英会話でどのようにこの慣用句が使用されるのか学ぶため、参加者も順番に慣用句を使った例文を発表します。

 

 先生のお人柄なのか、気軽に質問がしやすい雰囲気のようで、講座中も講座後も質問が続き、参加者の皆さんとても熱心に勉強されていました。

 

 毎年人気の講座のため、今回も若干名の募集となりそうですが、年度途中に空席が出た場合は、その都度抽選に漏れた申込者の皆様には順番にご案内をさせていただいています。講座は英検2級を少し上回るレベルですが、実践的な英語に触れて学びたい、という意欲のある方なら、レベルを問わず楽しめる講座です。英会話力を上げたい!という方はぜひ気軽に参加してみてください。

 

 2022年2月開講クラスの募集詳細はこちらで確認を。